任意整理費用の平均金額はいくら?

返すことが難しいほどの借金があるという場合、債務整理を行うことで返済額を減らすことが出来る場合があります。債務整理には大きく2つのタイプに分けることが出来ます。違いは裁判所での手続きが必要か否かです。裁判所での手続きが必要ない手続きが任意整理です。これは、債務者と債権者との交渉により、借金の返済額を軽減するというものです。一般的には、過払い金の有無を調べたり、将来的に発生するはずであった利息の支払いの免除などが挙げられます。
任意整理については、債務者本人が行うことが出来る場合もありますが、多くの場合は弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼することになります。
任意整理を法律の専門家に依頼した場合には、費用が必要となります。その金額については、債権者数や借金額によって異なりますので、相場というものはあってないようなものですが、おおよその平均額としては、まず、手続きを依頼した時点で必要となる着手金があります。これは、債権者1社に対して3万円程度、手続きをしたことにより返済額を減らすことが出来た場合には、その金額の1割程度を報酬として支払う必要があります。なお、任意整理の手続き中に過払い金がある場合には、過払い金返還請求手続きを行うこと場合があります。その際には、取り戻すことが出来た金額の2割程度を報酬として支払うことになる場合が多いようです。なお、費用については、分割や後払いに対応しているところが多いようです。